大数学者の数学 ガウス/整数論への道 
加藤明史 著
ISBN978-4-7687-0385-4
四六判 / 187頁 / 1,800円 /

分類 : 整数論  在庫状況 : 少量有
双書‖膺学者の数学
ガウスは整数論を初めとして,代数学,幾何学,解析学,確率統計学,測地学,電磁気学,そして,とりわけ天文学と,数理科学の多方面に先駆的業績のある数学者であるが,本書では,主に整数論に関連のある内容に絞って,興味深いエピソードを加えながら,なるべく分かりやすくガウスの業績を紹介した.コーシー/近代解析学への道もあります



第1章 プロローグ
第2章 素数定理
第3章 代数学の基本定理
第4章 合同式の世界 
第5章 合同式の解法
第6章 平方剰余
第7章ガウスの整数環 
第8章 エピローグ
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.