ガロア/偉大なる曖昧さの理論
梅村 浩 著
ISBN978-4-7687-0393-9
四六判 / 262頁 / 2,300円 /

分類 : 数学一般  在庫状況 : 有
数学者ガロアの名前は知っていると言われる方も多いと思われる。
通説によれば,高校生位の年齢で歴史に残る業績を挙げながら、世に認められず,恋愛事件が原因で決闘を行い、わずか20歳で生涯を終わる。

本書では、ガロアの生きた時代背景と生涯、ガロア理論の基礎となる考え方、その後の発展、特に近年における非線型微分方程式のガロア理論の発展について解説する。




内容

  1. ガロア(1811-1832) ブール・ラ・レーヌ,世界一ロマンチックな数学者は誰か?,ショパンとガロア, 他.
  2. ガロア理論=「曖昧さ」の理論 あなたの愛と私の愛は違うかもしれない,「曖昧さ」をどう記述するか,他.
  3. ガロア狂詩曲 マントヒヒと数学者,微分方程式のガロア理論のたどった運命,誰も理解できなかった博士論文, 超幾何微分方程式,ピカール・ヴェッシオ理論, 他.
  4. 数学の基礎 集合,写像に関する記号, 群の定義,, 環および体, 有理整数環Zの合同式とイデアル, 他.
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.