グロタンディーク巡礼
山下純一 著
ISBN978-4-7687-0444-8
A5判 / 750頁 / 5,800円 /

分類 : 数学一般  在庫状況 : 有
本書のテーマとなっているアレクサンダー・グロタンディーク(Alexander Grothendieck 1928 - 2014)は、新聞「ル・モンド」も書いたように、「20 世紀最大の数学者」だといわれることがある.「すべての時代を通して最大の数学者」だという人もいるほどだ.思考の対象を極限まで抽象化・一般化して、その対象の本質を暴き出すという「神秘的な飛躍」が、グロタンディークの数学の最大の特徴であった.普通の数学者たちには、「抽象化のための抽象化」「一般化のための一般化」としか見えないような場合でさえ、グロタンディークの手にかかると謎のように「神秘的な飛躍」が起こることもあった.
 本書は、これまでの「グロタンディークの深淵」を探るための旅と試行錯誤の記録である.雑誌『現代数学』での長い期間(2007 年 6 月号〜 2015 年 3 月号)にわたる連載記事を「脱構築」したもので、「グロタンディークの深淵」に接近するための「聖地巡礼の旅」の記録である.



    機セが煌めき 夢が甦る
    数学のロゴスとエロス、異常体験のインパクト、ヴェイユとリーマン、創造のプロセスを探る、ガロアと毛沢東、リーマン予想への道、内的欲動の表出、光に満ちた刑罰、絶縁状、自己神化への逃避、アンセストの称賛
    供ニ┣蠅釆式鼎ぬ宜い涼罎
    失楽園と甘美な孤独、因果の鎖を断つ、変性意識体験、欲動と創造、スートラとタントラ、夢の中の夢、ルリジオジテ、ペルソナ、近親憎悪の発生、詩的狂奔と終末論、精神疾患と創造性、理性と神秘主義、ウニオ・ミスティカ、数論と物理の融合、数学の神話、情動と夢、神秘体験
    掘セ廚っ里襪戮人はなくとも
    過去の訪問の回想、アストレの情報、トゥルーズとル・ヴェルネ、ラセールでの今生の別れ、ヴィルカンとカタリ派、メラルグとモルモワロン、マザンとシュリクと法華経、ル・ピュイとレゴと聖母、ル・シャンボンとラ・ゲスピ、コレージュ・セヴノル、マンドと少年時代、リュークロの収容所、ラルザックの反核闘争、無意識の自動運転、マテクリテュールの余韻、サン・ジロンとミュゲ、夢幻との訣別、リーマンの創造性、隠喩的創発性と数学夢、幻覚とラマヌジャン、ラセールの日、ラセールを歩く、夢と情緒と無意識、グロタンディーク逝く
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.