演算子的に見た微分・積分の代数(1)【表示変形論・導入編】
大森英樹 著
ISBN978-4-7687-0491-2
A5判 / 244頁 / 2,600円 /

分類 : 数学一般  在庫状況 : 有

本書は、普通の微積分を演算子的に見ることに始まって、「いつ」「何処に」ということが意味を持たない「動きまわる特異点」こそが「実体」なのだ、という主張をちりばめた、他に類の無い独自の数学書である。ヤコビのテータ関数に対する新しい見方も含まれている。




内容

  • 第1章 1 変数関数の表示変形
  • 第2章 Weyl 微積分代数と群もどき
  • 第3章 積分で定義される元

書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.