文明のなかの数学 数学史記述法・古代・アラビア
三浦伸夫 著
ISBN978-4-7687-0558-2
A5判判 / 328頁 / 3,200円 /

分類 : 数学一般  〇
本書は,歴史のなかで数学がどのように記述されてきたのか,さらに数学史記述のなかで歴史がどのように扱われてきたかを見ることによって,広く文明における数学とは何かを探っていこうとするものです.
数学そのものに関心のある人,数学史の基本的知識のある人,数学の背景となる歴史や社会などにもしばしば話は及び,科学史,そして歴史,さらに広く文明史そのものに関心のある人にとっても興味を持てるように記述しています.
内容:
第吃堯/学史記述法
文明と数学/数学の起源/ネッセルマンの代数学史/二つの数学者人名事典/忘れられた数字の歴史/ノイゲバウアーの古代数学史記述/ヒースのギリシャ数学史記述
第局堯仝殿絅┘献廛函Εリシャ
最古の数学テクスト/紀元前後のエジプト数学/失われた数学書/アポロニオスの数表記法/『ギリシャ詞華集』/ビザンツ数学史研究の諸問題
第敬堯.▲薀咼
アラビア数学史記述の始まり/初期アラビアにおけるギリシャ数学の受容/アラビア数学のなかのアナリュシス/イフワーン・サファーの数学/イブン・ハイサム生誕1050 年記念/アンダルシア数学/今に生きるマグリブ数学



書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 月刊理系への数学 書籍の検索 常備書店の一覧 書籍関連 LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.