大数学者の数学 オイラー/無限解析の源流
高橋浩樹 著
ISBN978-4-7687-0387-8
四六判判 / 265頁 / 2,300円 /
0);">双書B膺学者の数学
8世紀最大の数学者レオンハルト・オイラーは,純粋,応用を問わず数学の全分野で異論の余地のない指導的地位を占め続けた.
本書では,近代数学の基礎となった無限解析の源流を求めて,彼の主要な著書である『無限解析入門』『ドイツ王女への手紙』をたどりながら,先駆的なゼータ関数の研究論文『ベキ乗と逆数のベキ乗級数の美しい関係』(日本語訳掲載)を探る.これらの著作には,彼の驚異的な洞察力をもってしても解明できなかった数学と哲学の謎が記されている.
オイラーの生の声に耳を傾けながら,彼が喜び苦闘した世界を学んでみよう.

ガウス/整数論への道もあります。
コーシー/近代解析学への道もあります。
分類 : 数学一般  在庫状況 : 有
153
書籍の検索
書名に を含む
または   かつ
著・訳・編者名に を含む
[前のページに戻る]
価格は消費税別です
TopPage 新刊書の御案内 月刊理系への数学 書籍の検索 注文の仕方 常備書店の一覧 書籍関連
LINK
Copyright 2000-2008 Gendai-Sugakusha. All rights reserved.